海外ニュース

Softbankがサウジアラビアで21兆円規模の太陽光プロジェクト

2030年までに合計200ギガワットの発電能力。

 

softbank

 

ソフトバンクの孫正義社長は、同プロジェクトがサウジの発電における石油依存を減らすのに役立つとともに最大10万人の雇用を創出し、電力コストの400億ドル圧縮につながるだろうと述べた。

 

bloomberg (元記事へ)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください