エネルギー 海外ニュース

自転車1時間で1日分の電力を発電!?

すこし前の記事になりますが、イタリアのメディアから見つけました。

プロテインドリンクで財を成したインドのManoj Bhargava氏が次に立ち上げたプロジェクトが今回紹介する自転車式発電機。

 

HFE-Bike-PP-800x800.jpg
from Hans Free Electric

人力で発電をするこのシステムは1時間ペダルを漕ぐことで24時間分のLED電球の電力量を発電できるそうです。

さて、1時間を使って手に入るのが24時間分の電球1個の光だとすると割には合わないと思いますが、下のビデオでBhargava氏が伝えているように、

電力のない地域の家庭に電球が1つあるだけで昼は労働を必要とする子供の教育を夜に行うことができ、子供達の未来の可能性を広げることができる

となるのです。

この発電機自体が発展した経済のある国や地域にとっては不要なものでも、電力のない地域にとっては0から1になる大きなきっかけを与えます。

価格は190ユーロ(約25,000円)と電気のない地域の人々には手の届かない価格ですが、Bhargava氏は更に価格を落とす方法を模索中で、またBhargava氏の会社も援助の形で普及に勤めているようです。

電力が普及している日本では意味のない話かもしれませんが、電力のもたらす可能性を大きく広げる小さな発電機ではありますね。

元記事

https://www.greenme.it/abitare/risparmio-energetico/25828-bicicletta-elettricita-casa#.WvhSXWKZHih.facebook

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください