海外ニュース

イタリア産 キレキレゴツゴツのeMoto

すべてがテーラーメイド(カスタムメイド)となるイタリア発のプレミアム電動バイクが発売から1周年を記念しました。

lacama-01.jpg
LACMA by Italian Volt

Italian Volt

Italian Voltの生い立ちはeMotoによる世界最長の旅に始まります。

創業者であるNicola ColomboとValerio Fumagalliは中国の上海からイタリアのミラノまでを電動バイクで走破。44日間で約13,000kmを走ります。(1日300km平均を1ヶ月半という強靭的な旅)。

旅行の中で二人はプレミアムであり、且つオーナーごとにカスタムされたeMotoを作ろうと決めます。

そして産まれたのがItalian Volt社です。

1台1台がスペシャルモデル

顧客との話し合いで方向性や内容を詰めて提案をして修正、これを繰り返して納得のゆく内容の車両がデザインできてから生産となります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

それぞれがオーナーの趣味嗜好に合っていて面白いですね。

スペックは

0-100km加速:4.6秒

航続距離:約200km

最高速度:180km/h

車両重量:245kg

バッテリー容量:最大15kWh

あとはオーナーの好みでブレーキやサスペンションを選べます。

価格はUS$38,000(約420万円)とカスタムeMotoと考えれば割安。

スーツを仕立てるように、イタリアのデザイナーに未来をゆく電動バイクを仕立ててもらうのもまた粋ですね。

 

https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Felectricmotorcyclesnews%2Fposts%2F2125174467523017&width=500

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください