海外ニュース

KYMCOもインドで電動バイク

プレスリリースより

キムコがインドで22KYMCOブランドを発表

Ionexプラットフォーム採用の電動スクーター「iFlow」と ガソリンエンジンのマキシスクーターをインドで発売

プレスリリースより

台湾の「KYMCO」はインドの「22 MOTORS」と手を組み、新たなブランド「22 KYMCO」としてインド市場に本格参入します。

電動モデルとガソリンモデル

導入される電動スクーター「iFlow」はKYMCO独自のionexプラットフォームを採用したモデルで、家庭での充電、出先でのバッテリー交換両方ともに対応。

ガソリンは200ccと300ccの2モデルがハイエンドクラスとして導入されるようです。

eMotoとして気になるのは

”まずはニューデリー、プネー、バンガロール、コルカタ、アフマダーバード、ハイデラバード の6都市にある14のディーラーで販売を開始し、今後3年の間にインド国内に300拠点のディーラ ーネットワークを構築する計画です。”

300ディーラー!! 

”また「22KYMCO」ではインドにおけるeモビリティエコシステムに対する積極的な投資を計画してお り、インド全土にionex充電ネットワークを構築し、クラウドに接続されたスワップインフラストラクチャ によってサポートされるスマートソリューションを提供します。 ”

そして何よりもこれです。電動化を進めるにはインフラが何よりも大事。上記の300ディーラーに加えてカフェやコンビニなどに併設することでionex対応の車両があればインド国内どこでも動ける、車両が流通できる、というのは大きな強みです。

インドでのインフラの開発競争はより一層熾烈になるでしょう。

ぜひ日本でも進めてほしいですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください