海外ニュース

ZERO SR/Fのカスタム

まだデリバリーの始まったばかりのZero Motorcyclesの新型SR/Fのカスタム車両がカスタムバイク専門のBIKE EXIFで公開されました。

ZERO XP

Custom Zero SR/F by Untitled Motorcycles
BIKE EXIFより

Zero XPと名付けられたこの車両はイギリスのロンドンとアメリカのサンフランシスコに拠点を持つUntitled MotorcyclesのHugo Eccles氏によってビルドされました。

記事によると昨年の段階でZero MotorcyclesはプロトタイプのSR/Fの車体と自社のエンジニア、電動のスペシャリストをHugo氏に紹介。特別にHugo氏に交流を始めることを許可しました。

今までにない自由なレイアウト

以前よりHugo氏のファンだったというZero Motorcyclesの製品開発部門のBrian Wismann氏はHugo氏の未来を感じるカスタムがSR/Fには最適だと感じたそうです。

Custom Zero SR/F by Untitled Motorcycles
BIKE EXIFより

カスタムをしたHugo氏によると

内燃機の車両だと物理的な制約が多い。タンクはキャブよりも上にないといけないし、キャブの配置も風の影響を受けないところに、また排気管もライダーや燃料からは遠ざけないといけない。しかし、電動バイクではこれらの制約が全くなく、デザイナーとしてその自由度は計り知れない可能性となりました。

BIKE EXIFより

せっかくの個性である電動の機構をフェアリングで隠したくなかったんだ。

とHugo氏が語るように、マシンには余計なものが残っていません。

ディスプレイの埋め込まれた上面のパネルもライダーが電動の機構を見えるように透明にしてあります。

BIKE EXIFより

また電動の機構(モーター、バッテリー、コントローラなど)はアルミで作ったコアに集約されています。

BIKE EXIFより

SR/Fの強力な加速からジェットエンジンのイメージを受け取ったとHugo氏が言うように、マシンを横から見ると確かにジェットエンジンにバイクのフレームが付けられたように見えます。

BIKE EXIFより

ドラッグバイクからも影響を受けたとのことですがもともと強烈な加速をするSR/Fがこのスタイルで走っていたらまさにジェット機のようですね。

今年の「グッドウッド・フェスティバルオブスピード」で展示中とのこと。是非とも生で見てみたい、乗ってみたい車両です。

元記事

http://www.bikeexif.com/custom-zero-srf-electric-motorcycle

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください